Untitled の考えで生まれてくる子供きちん自分の考

Untitled の考えで生まれてくる子供きちん自分の考。宗教入るやつなんてバカだけだから話して通じるわけないでしょ私も学会3世で悩んだ時期もあったので、お気持ちよくわかります。長文失礼ます 将来の子供のこや、後ついて質問 の夫創価学会の人で、義両親同じ 入会ていません (日蓮宗でた) 夫一人っ子いうこあり、将来親のお墓面倒見ていきたい考えているそう 付き合って3カ月頃学会員だ言うこ告白され、時深く考えず『へぇ、そんだ』ぐらいか思いませんでた か、事家族話す、特母の妹あたる叔母『別れなさい 』の一点張り 両親いなく、唯一お世話なった祖母最初同じく反対され 結婚たいいう話進むつれ、祖母『宗教か関係ない、アンタ幸せ暮らていけるのなら』言ってくれて婚姻届サインてくれ 事ついて、叔母あまり快く思っておらず、結婚する電話報告た時『でなの ?』泣いてまい、思わず切ってまったぐらいでた 月日経ち、新い生活慣れの仕事軌道乗り、喧嘩なら仲良く暮らて そんなある日、将来の子供の話なり の考えで、生まれてくる子供きちん自分の考え持てるようなった時入会するかどうか選択させたい、生まれてすぐ入会させるの嫌だ話 夫『〇〇美(のこ)生まれた時親の宗教入っていたでょ 本人の意思関係なく 、だよ、生まれた子不慮の事故で亡くなってまったらどう供養させてあげるの 時なってあーだこーだじゃ大変だよ 』言われ 自分の子供たち死ぬ、て事考えたくありません…あり得ない話でありません 因み、死んだ場合自然葬良いななく旦那話たこ 創価学会の旦那同じお墓入るの嫌だかでなく、どんな宗教でど 冒頭書いた通り、夫一人っ子なので義両親の面倒見ていく事なります 義両親の入会強く勧めてきません 入りたい思わない限り…みたい、孫産まれたらどうなるか少不安 そうなった場合のこ考えて、生まれてくる子供の事ついてちゃん話合いたいの 似たような家庭の方様旦那様相談されたのか気なり質問させて頂き 仮、旦那だけ集まり出て行ったて子供て説明たら良いのか、『ママでパパ一緒じゃないの 』聞かれたき、どう答えるの最善なのか…まだ先の話、色々考えてま 離婚考えません、色んな事乗り越えやっ一緒なれた人なので… 長々なってまい、ご回答宜くお願います 0歳児から始める教育。働くお母様の中には。産休を終えて職場に復帰を考えている方もいらっしゃるで
しょう。歳児の年間は。生まれたばかりの新生児から。中には歩き始めて
いる子どももいる歳直前の時期まで。また。この時期は出産したてで体力の
消耗が激しくても無理をして育児をするお母様も多いようです。ヵ月検診で
目についたものを視線で追えるかどうか。顔にかかった布などを払いのけられる
かどうかなどの運動能力ご入会までの流れ 伸芽ねっとの登録はこちら

「この子を産んでよかった。毎日産んで良かったと思うのですが。寝る前に今日はありがとうと言われた時に
生まれてきてありがとうと感無量になりいつの間にこんなにやさしい気持ちを
持てるようになっていたんだろう。の日。仕事から帰ってくると満面の笑みで
「ママ?おかえり」と言いながら玄関まで走ってきてくれて飛びついてくる瞬間
。育児は大変だけど。この子が産まれてきてくれて幸せだし子どもにも感謝し
てます。前日すんごいイライラする事件で怒り散らしていた自分が恥ずかしい
です9。と反射的に思ったが。どうしてそんなふうに思ったのか。深く考えないまま今日
まできてしまった。あのとき私が忌避感をおぼえたのは。好きな人ができたら
その人の子どもを産みたいと思う。それが女の本能子どもを産むことが男性
に対する最上の愛情表現であるといったようなニュアンスも感じられて。
ただただ気色かどうかわからない。子どもを育てる自信がない。妊娠?出産が
こわい。どんどん悪くなっていく一方の世界に考える人」から生まれた本

確認の際によく指摘される項目。考えさせられる 件のカスタマーレビュー で購入 みんなが出産の現場
に立って考えさせられる。 見たいと思っプライムの無料になっていて早速見
ました。 よく考えてみれば。こんな風に赤ちゃん誕生の現場ドラマはありそうで
なかったように思います。化に対して社会として向き合う一つのテーマが産婦
人科の医師不足だが。そこに目を向けさせる狙いにも感心する。星野源さん。
吉田羊さん。その他皆さん素晴らしい役者さんですぐに感情移入してしまいまし
た。憂鬱。その困ったことですが。義父母が産後約2カ月近く我が家に?産後の手伝い?
という名目で来るというのです。ましてや義父と同じ屋根の下で暮らすなんて
。考えただけで気持ち悪いです良いお義父さんなんですが。予定日に
産まれるかどうかなんて。その時になってみないと分かりませんよ!私も結構
危なかったので心配させてしまったし。寝ずの看病。その上。英語も喋れない義
両親を家で持て成すんどうか。元気な赤ちゃんが生まれますように。

自分で判断する力を育てる/おじいさん先生。多くの子どもは。生活や遊びの場で自ら考え。判断し。主体的に行動している
わけですが近年。幼稚園という遊び環境で自分で判断し。自信を持って表現し
ていくには親や先生。友達のきめの細かい援助が今後も必要であると考えたそう
です。並べ終わって一人の子が「お料理作るもの。取って来て」とままごと
コーナーから食器やフライパンを持って来るよう当然のことですが。子供たち
の生まれてからの生活は家庭で過ごす時間が長く。幼児期の判断力の育成は家庭
が基盤にUntitled。たものである。同フォーラムは「世代をつなぎ地域 を再生するために」をテーマ
とし。会場となった早 稲田大学東京の国際会議場には場としたいと考え
ている。世代間交流から生まれた地域アーカイブズ事業とその広がり自分の
子供を訴えることができる法律から。様々間交流の手法では。明らかにそう
見えるかどうかに法といった側面からみると様々である。どのよう な交流
の形をとるかで必要な準備と交流の効果は変 わってくる。尚。夫婦で入会し
活動

宗教入るやつなんてバカだけだから話して通じるわけないでしょ私も学会3世で悩んだ時期もあったので、お気持ちよくわかります。私は元創価学会員で、今は日蓮正宗の信徒です。私が創価学会を知らないあなたの立場だったら、子供のために徹底的に創価学会を調べ上げて旦那を脱会させます。創価学会の事を教えます。ちなみに創価学会の公式ホームページはウソだらけですので、まったく参考になりません。まず、創価学会が正しい信仰をしているかというとしてません。創価学会は人を騙す団体です。その理由は信仰の中枢である本尊が日蓮正宗という団体の本尊を無断複製したニセ本尊だからです。信仰の根本からウソついてます。葬式、七五三、お盆、初詣等、人生の大切な行事の時に宗教が絡みますが、創価学会ではニセ本尊に手を合わせて幸せを願います。さて、ニセ本尊で幸せになるかどうかというと、幸せになりません。創価学会は元々日蓮正宗の信徒団体でした。日蓮正宗の信徒団体には法華講というのもあります。創価学会は日蓮正宗の信徒団体のうちの1つだったという事です。平成3年に創価学会の名誉会長である池田大作が日蓮正宗の教義を守らなかったため、創価学会は日蓮正宗から破門されました。これはニュースにもなりましたが、創価学会の公式ホームページにはまったく書いてません。真実を隠してます。破門前まで、創価学会は本尊を日蓮正宗から受けてました。創価学会に入会することは日蓮正宗の信徒になることなので、新しく入会した人は日蓮正宗から本尊を受けてました。でも、創価学会は日蓮正宗から破門されたので、本尊を受けることが出来なくなりました。そして、平成5年に池田大作創価学会は江戸時代の日蓮正宗の僧侶である日寛上人にちかんしょうにんが書いた本尊を入手し、日蓮正宗に無断複製しました。それが、今の創価学会の本尊です。一般会員用はまわりが緑色の掛け軸です。幹部用はまわりが金のような黄色のような、色の掛け軸です。創価学会が日蓮正宗の本尊日寛上人が書いた本尊をどのように入手したかというと、栃木県の浄圓寺の住職 成田宣道から入手しました。この成田宣道は日蓮正宗を離脱した僧侶です。平成5年9月8日聖教新聞 参照よく、創価学会は「所有者であった浄圓寺からもらったんだから、発行元である日蓮正宗に複製の許可を取る必要はない」と言います。でも、破門されて別団体となった教団日蓮正宗の本尊を無断で複製するのはどう転んでもニセです。創価学会が他教団に創価学会の本尊を無断複製されたら、「創価学会に無断で複製したニセ本尊だ!」と言います。絵画だって、いくら所有してる人でも無断複製したらニセ絵画になります。創価学会はニセな本尊なのに本物かのようにウソついて人をだまします。人を騙すような団体である創価学会にいると、一緒になって、本当のことを隠したり、ウソついたり、します。子供に対して、ニセなのに本物かのようにウソついて子供を騙すわけです。では、ニセ本尊だと宗教的概念から何が問題になるかというと、日蓮正宗から破門される前の日蓮正宗の信徒であり、創価学会の会長であった戸田城聖とだじょうせいさんが言葉を残してます。「いくら日蓮正宗の御本尊をマネて作ってみたところが、それこそ馬の骨なのであります。否、恐ろしい毒薬の働きをもつのであります 」『大白蓮華』第62号 昭和31年7月号 大白蓮華だいびゃくれんげとは、創価学会の機関紙です。創価学会では日蓮正宗の本尊を無断で複製したニセ本尊を拝んでいるので、創価学会は毒薬本尊を拝んでいることになります。創価学会は戸田さんのこの言葉を会員に隠して、ニセ本尊を会員に拝ませます。毒薬本尊と知りながら、創価学会本部は会員を騙して本尊を売りさばいてます。本尊を利用して創価学会の信仰自体を神格化させて、脱会しようものなら「不幸になるよ」と言葉を放つ。実際は逆で、創価学会の信仰では毒薬本尊を拝んでいるので不幸になるというわけです。ちなみにこの戸田城聖さんは現在の創価学会が永遠の指導者と言ってる人です。戸田城聖さんのこのような言葉は隠ぺいされてます。さて、このような創価学会の毒薬ニセ本尊で、子供の健康を祈ったり、子供に手を合わさせたりすることができるか?ということになってきます。宗教というのは、人に影響をもちろん与えます。「朱交わればあかくなる」ので、環境が人を変えます。人を騙す団体に所属して、ニセの本尊?偽りの本尊に毎日手を合わせたり、七五三でも手を合わせたりすれば、それなりの影響が出るのは覚悟しなければならないと思います。知らなくても、人を騙す環境にいるということを認識してなければなりません。子供を騙すなんて事は絶対にやってはなりません。ましてや、創価学会はニセ本尊なのに平気で本物かのようにウソついて、葬式友人葬でもニセ本尊に向かって手を合わせて、大切な故人を送るわけです。人が死んでるのに、その悲しみに漬け込んで、ニセ本尊を拝ませるなんて、非人道的で絶対になってはならない事です。よく創価学会について調べましょう。日蓮正宗の御僧侶に相談するのが一番だとは思います。創価学会の間違いを世界で一番知ってるのが破門通告をした日蓮正宗です。でも、旦那さんは日蓮正宗に相談するのは反対するでしょう。おそらく日蓮正宗のことを「日顕宗にっけんしゅう」と言います。なぜ、日顕宗なのかというと、創価学会を破門したのが日顕上人にっけんしょうにんだからです。破門前は「日顕上人の本尊で幸せになった。願いが叶った。」と、創価学会員は口を揃えて言ってました。破門前の聖教新聞では、「幸せになった。巡り会えて良かった」と多くの体験談が載るほどでした。でも、破門となったら、急に日顕上人の悪口を言うようになりました。根も葉も無いウソを創価学会は言いますから、ここらへんは創価学会による洗脳ですね。だから、日蓮正宗の話を出すと旦那さんや旦那さんのご両親は嫌な顔しますよ。でも、子供を騙して、ニセ本尊を拝ませるのと、どっちが良いか考えると、調べなきゃいけない事は調べる、言うべき事は言う方が良いと思うのです。創価学会が日蓮正宗の本尊、いわゆる日寛上人にちかんしょうにんの本尊を拝んでる文献証拠です。聖教新聞からです。「日寛上人書写の御本尊」を受持することには何の問題もない」平成付 聖教新聞旦那さんに上記の文献の文を見せて、創価学会は日寛上人の本尊を拝んでるのか聞いてみてください。拝んでると言うはずです。創価学会では上記の文献のように公式に日寛上人の本尊を拝んでると発表してますからね。日寛上人は誰かも調べてみてください。ウィキペディアでも「日寛上人」と検索すると日蓮正宗の第26世の法主僧侶のトップとわかります。だいいち、日蓮正宗の江戸時代の本尊日寛上人が書いた本尊が破門されて他教団となった創価学会から平成になってポンポン新しく出てくる事自体がニセである証拠なんです。子供にウソつくのと、ウソつかないようにするのと、どちらを取るかよく考えて行動してください。私だったら、子供のために徹底的に創価学会を調べ上げて旦那を脱会させます。信仰は自由です。素晴らしい信仰なら、これほど「気をつけなさい」の警告はしないでしょ、「困難があっても、お二人で、乗り切ってお幸せにね」ぐらいが普通ですよ。ま、貴女はご自分の意思で、そちらを選ばれたのです。現実に、学会員さんは大勢います。すぐわかりますが、世間とは少し違う世界感で呼吸しておられる独特な世界です。多くの経験者さんたちが、どう言えば、気付いてくれるだろうかと、他人事であるにもかかわらず、回答しています。その反対に、「それで良いのではありませんか?沢山の人たちが幸せを願って、世界の人々を救っています、がんばりましょう」と応援しています。貴女の運命としか言えませんよ。「日蓮宗」では「お釈迦様」を仏様として、拝んでいる宗派ですね。今度の「創価学会」は「日蓮上人」が仏様だとして、拝むようで、これまでの「お釈迦様」は現在の末法では役には立たない仏様が「お釈迦様」なのですよと説く言うなれば、「真反対」の宗派に変わったことにもなるのでしょうかね。人生いろいろですよね。親がそうだから学会員だが、社会に出て立場を知り、抜けたいが、親が反対するという相談を何件も受けます。子供が事故で亡くなったら、自然葬でも日蓮宗でも仏教でも良いでしょう。大抵の日本の家族は、あまり意識していません。それでも、その人たちが不幸だとは思いません。学会が批判されるのは、あの手この手で憲法が保証している「宗教の自由」を許さないからです。誰であれ、どの宗教を信じるのも信じないのも自由なんです。宗教を持たないことすら、自由なんです。それが日本であり、現代国家であるんですよ。そこを、ご主人のようになんだかんだで言い含めて学会員にさせる、また脱退させないからこそ、邪宗と言われるのです。偏向的でないまともな宗教は、宗教から離れることにすら寛容です。お子さまがご自身で決められる年齢まで、守ってあげて欲しいです。ご主人が集まりに行かれるときは「パパの趣味の一つ」や「パパがやりたいことの一つ」とおおまかに「個人の問題」であることを伝えましょう。ちなみに、幼い頃から学会員になっている人は、マルチや詐欺被害に合いやすいと思います。あまり自分で選ぶことが苦手で、人のことを信じやすい環境だったからかもしれません。何十年も詐欺被害者やマルチ被害者をみてきましたが、個人的には能力面があるのに、なぜひっかかった?と思うと幼い頃から集まりに行っていた人が多く、学会になじむように強い勧誘による集団等にすんなり入ってしまうようです。また、なぜ周りの多くや一般的に学会員との結婚を反対されるかも考えてみて欲しいです。あなたのお子さまが学会員になれば、自然と学会員以外の人との結婚や親友は得られないのです。あってもかなり難しいです。あなたのご主人と結婚したいの気持ちはわかりますが、子供の未来を奪わないでください。宗教は自由です。お子さまが自分の気持ち次第で決めるのが一番です。押し付けは絶対駄目です。幸福会員です。以下、個人的見解です。もし、旦那様やその親の方がお子様の入信を強く言わないのでしたら、思われている方向で進められてよいのではないでしょうか?素朴に、強くも弱くもなく、正直に、旦那様と相談されていいかと思われます。勇気はいりますでしょうけれど。価値観を共有できない人との結婚生活は辛いですよ。せめて愛する人の価値観を理解する努力はするべきですねそれを放棄するなら、別れた方が良いですよ。子どもの頃から創価学会にどうしても入れたいと旦那さんがおっしゃるなら、「じゃあ創価学会では大人になってから入信するのでは手遅れなのかしら? それなら大人になってから入信する人はいないってこと?」「そうじゃないなら池田先生が仏法と出会った19歳で、ウチの子どもにも創価学会に出合わせて判断させた方がいいんじゃないかしら?」???とでも言ってみてはどうでしょう。ここには新宗教の2世さん3世さんが「親の宗教から抜けたい」と相談しに来るケースが多々あります。お子さんがある程度自分で考えるようになると「なぜ自分は毎日こういうことをやらされているのか」「なぜ自分だけ○○の行事に行けないのか」と、親の宗教を恨み、ひいては親子の対立を生むようになったりします。新宗教を自分の意志でやっている親御さんは「親がよいと思っていることを子供に勧めるのは親の責任」「法律には違反していない」と、子どもの意志などないかのようにしれっとしていますが、納得できない子どもはどんどん傷ついていき、家庭が崩壊することもあるんです。相手が創価学会とわかって結婚した相談者さんには、ちょっと厳しいようですが、あなたのお子さんをそのような傷つきから守る義務があります。私だったら相談者さんと同様「子どもが自分で判断できるようになるまでは、冠婚葬祭以外の宗教行事には関わらせない」と約束させたいですね、旦那さんに。もしおっしゃるように万が一お子さんが先に亡くなったときには、そのときは旦那さんの気の済む供養方法でもいいんじゃないですか。お子さん自身に迷惑はかからないでしょうし。葬儀は残された人の都合ですることですから。叔母様が荒れるとは思いますが、口出しされ過ぎない程度に味方につけて。自然葬もいいですよね。ウチでは妻の父が樹木葬で、母親もそこがいい、妻もそこがいいというので、ウチはもう夫婦別々葬ということが見えています。別の視点から回答しますが、超大物政治家や著名な宗教学者がなぜ創価学会を「ナチスドイツ、カルト、洗脳集団だ」と批判しているのかよく考えないといけません。入会している人の人格を破壊し、社会に良くない影響を与えているからではないですか。以下の有名なブログで情報収集して回答を出してみては。「対話を求めて」「創価学会元職員3名のブログ」創価学会では、首脳陣がみな教団を離れて批判する立場に回っています。素晴らしい宗教なら誰も脱会しないし、仮に脱会しても批判しませんよね。幹部ならなおさらです。政治家、芸能人、文化人、元幹部、100人以上がこぞって創価学会批判する理由を考えてみてください。同じ大きな組織でも、マイクロソフト、Google、財閥系企業、生協、キリスト教、仏教、神社本庁、自民党では、以下の様な異質かつ強烈な批判が噴出することがありません。批判が創価学会に集中するのはなぜでしょうか。○創価学会の批判者田中角栄元首相、自民党幹事長経験者:秘書の早坂茂三によれば「池田大作はしなやかな鋼だ。煮ても焼いても食えない。公明党は法華さんの太鼓を叩くヒトラーユーゲントだ」。石原慎太郎:1999年東京都知事選挙を直前に控えた時期に、池田大作に対する人物評価を尋ねたアンケートに「一言で表現すれば、『悪しき天才、巨大な俗物』。」『週刊文春』 平成号。ニコラエ?チャウシェスク:Jurnalul Nationalルーマニア国営新聞で池田を絶対的な権力を持っているよう他人へ見せかけるだけで強きものには諂い、弱きものには傲慢な態度で臨む小悪党だと批判。○批判する立場になったまたは袂を分けた元幹部龍年光元創価学会幹部?元公明政治連盟書記長?元公明党東京都議会議員原島嵩元創価学会教学部長小多仁伯元創価学会芸術部長山崎正友元創価学会副理事長?元顧問弁護士竹入義勝公明党元委員長矢野絢也公明党元委員長福本潤一元公明党議員福島源次郎元創価学会副会長石田次男元公明党参議院議員大橋敏雄元公明党衆議院議員桑原春蔵元公明党大田区区議、創価学会副会長「池田が政治権力を握って天下を取るといった姿勢は、もはや信仰者ではない。信仰を利用した魔物」後呂雅巳元創価学会壮年部長山口隆司元創価学会幹部「池田大作の名誉欲達成のために、大変な資産と人生の半分を費やしたのが腹だたしい」鈴木広子元創価学会幹部細谷健範元創価学会幹部福井一成公明党福井県会議員「脱会者や脱会したお前の娘を自殺に追い込め、と池田大作から指示された」他、数十名。○創価学会を批判する著名人内藤国夫 – 「政界に進出し、国家権力と結びつく、また結びつこうとする権力志向、権力依存の宗教団体は邪教の中の邪教ということだ。オウムより、遥かに始末が悪い難問である」。浅見定雄元東北学院大学教授 – 「メンバーが結果的に一つの政党しか選ばなかったり、その宗教団体の指示による以外は他の政党に投票することもない-創価学会の指示で信者が自民党に投票する場合のように-もしそういう宗教があれば、その宗教は必ず政教分離の原則を破っているのであり、また恥ずかしいことだが、非常に未成熟で前近代的な宗教である」石原慎太郎 – 池田名誉会長を「悪しき天才、巨大な俗物」と批判。俵孝太郎 – 学会と対抗していた組織四月会の代表幹事。の『日刊ゲンダイ』でも創価学会を批判。徳川義寛元昭和天皇侍従長 – 皇太子徳仁親王の親王妃候補について新宗教創価学会を信仰する人間は親王妃未来の皇后としていかがなものかとの考えを示した。テリー伊藤?佐高信 – 共同著書『お笑い創価学会』で創価学会を批判。杉田かおる – 自書『杉田』で創価学会を批判、主に池田大作や男性創価学会幹部の堕落ぶりを批判、また杉田自身が学会関係者から受けたセクハラについても触れている。大槻義彦 – ブログ「大槻義彦のページ」で池田大作?創価学会?公明党を政教分離の原則の観点から批判。テリー伊藤作家 – 著書「お笑い創価学会」で創価学会を批判した。清水由貴子女優 – 創価学会から嫌がらせをされていると告白した。告白して間もなく自殺した。福原由貴子女優-創価学会と創価大学から通話記録と個人情報を盗まれ嫌がらせをされたことから、警視庁に刑事告訴した。幹部らは逮捕され、学会幹部の組織犯罪が露見した。いしいひさいち – 自書『大問題』で創価学会を批判。フロランスラクロワ – パリの国立研究院の博士。十数年にわたり創価学会を取材?研究を重ね、「創価学会、タブーの解剖」というフランス国家博士論文を発表。筒井康隆 -筒井康隆 – 『SFマガジン』1965年8月増刊号で発表した短編小説『堕地獄仏法中公文庫『東海道戦争』収録』で、創価学会?公明党を連想させる宗教団体?政党が『政教一致体制』で支配する恐怖の日本社会を描いた段勲 – 自書『反人間革命』で創価学会を批判。蛭子能収 – 公明党支持者から食事中に強引なサインを要求され、公明党への支援も頼まれたことに立腹。「公明党の信者って、なんでそう熱心なのか不思議だが、相手の気持ちを考えない我がままな人ばっかりの集まりなんだろうなと思う」と批判。H?N?マックファーランドアメリカの学者 – 創価学会の多くの信者の厚かましさや無作法によって何度も何度も気分を害されると記した。島田裕巳 – モアハウス大学キング国際チャペルの主催により世界各地で「ガンジー?キング?イケダ展」が開かれていることに関し、世界的に高く評価されているガンジー、キング牧師に対してイケダに二人に匹敵するだけの功績があるか疑問に思う人は少なくないであろう。石井一 – 国会で創価学会と公明党の関係について質問したベンジャミン?フルフォード米経済誌フォーブズ支局長 - 創価学会を北朝鮮になぞらえ、危険なカルト組織であると批判したWikipedia - 著名人による批判Weblio 辞書 - 池田大作創価学会を批判する書籍一覧ameblo.jp/worldwordpress/entry-12058738834.html創価学会員には諸天善神の守護があります。一旦入会させて、子供が大人になったら、信教の自由を与えればよいと思います。?。?;何を好きになるかは子供の自由であるのと同じように何を信じるかは子供の自由なんですけどね。そうした根本が分からない人には何を言っても無駄でしょう。話し合いは平行線のままだと思います。自分で責任ある判断せずに結婚したから今更話してんだよな同様の境遇に育った俺には家の宗教などどーでもいいし嫌なものは嫌だったから疎遠になってほぼ他人だね今から心配してみても結果は同じさ、親だろうが殿様だろうが宗教で人間の心を縛るのは不可能って事。勝手な馬鹿親子として後で文句を言われるかもしれんな夫は籍だけ会員じゃなさそうだ仮に子供を入会させるとして、大人になるまで学会活動させず、学会員とも関わらせないってできないんですかね?とりあえず子供が万一死んだらなんてことを言うような男ってところからして私は無理です。ただ長文であってもそこだけ気になったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です