qI81B eE』e>0の力働きさら運動妨げる向き

qI81B eE』e>0の力働きさら運動妨げる向き。私は、複雑な問題でも解けるよう、ベクトルを用いた立式をした後、成分表示に持ち込むのがよいと考えています。物理ついて質問

ベクトル符号の扱い疑問あり質問させていただいて

空気抵抗考慮た自由落下運動対て、運動方程式(m:質量、g:重力加速度、v:速度、k:比例定数)立てる以下のようなる 思 (軸の設定鉛直下向き正の方向て )
「ma=mg kv」

kv の解釈てどちら正いか判断ていただきたい
1「比例定数k正の値か取らず、" v"比例する定数である 」
2「比例定数kvの"大きさ"比例する定数」

導体中ある自由電子『F1= eE』(e>0)の力働き、さら運動妨げる向き移動速度v比例する抵抗力kv自由電子働くため、定常状態で自由電子の速度一定なって力つりあう 以上のこ定常状態のの速度v求めよ

x軸→
ーーーーーーーーーーーーーー
E→
F1←●→F2

ーーーーーーーーーーーーーー

答v= eE/k だ思うの、途中式て以下の①②ある思


F1+F2=0
eE+kv=0
v=eE/k
符号最後考えて
v= eE/k


F1+F2
eE kv=0
v= eE/k

①最後無理やりつけた感否めなく、②図中F2正の方向なの、式中 kvなく理解できません ( vの比例定数k,k>0てる )

一つ目の空気抵抗自由電子の問題共
物理でのベクトルおよび比例定数の扱い方(1,2,3次元問わず)っきり理解できていないのかな思

すごく基礎的なこで申訳ないの、図式で一貫て整合の取れたベクトル比例定数の扱い方ついて qI81B。物体は速さ に比例する大きさ の抵抗力を受けるものとする。問物体の
加速度を として。物体の運動方程式と。十分に長い時間が経過し速度が一定に
なったときの速さ を表す式の組合せとして正しいものを。次の①~⑨のうち

電流と抵抗の公式?電子モデル。金属内の自由電子の運動を考えることで。電流の公式から。オームの法則。抵抗
の公式までを導出することができます。6か月で偏差値を15上げるための
動画ここで導体の両端に電圧をかけてみると。自由電子は電場から力を受け
て運動を開始します。このときの抵抗力の大きさは自由電子の速さに比例し
。比例定数を用いて = で表されるものとします。やがて電子が電場から
受ける力と抵抗力がつり合い。一定速度_で移動するようになります。オームの法則。導線の両端の電位差電圧。電圧降下が [] で。そこに流れる電流が [] で
。 は電気抵抗と呼ばれる比例定数です。電圧を掛けられた自由電子が特定の
方向に動いていくのが電流であるわけですが。自由電子は他の原子陽イオン
にぶつかりながら進む = = であり。個の自由電子の電気量の
大きさは です空気抵抗を受ける運動の原理と同じです。スピードが
定まったときというのは。自由電子が進む力 と抵抗力 がつり合っているの
だから。

eE』egt;0の力働きさら運動妨げる向き移動速度v比例する抵抗力kv自由電子働くため定常状態で自由電子の速度一定なって力つりあうの画像をすべて見る。ホール効果。前節で導いたローレンツ力に基づく実験の一つにホール効果があり,
これは固体物理学の研究において非常に重要な情報が流れている.磁場 $$ は
正の $$ 方向にかかっている.このときローレンツ力 $$ = – $$ $$ $/$ $
$ が働く.このために電子は負の $$ 方向に偏る.電子がそこにたまるにつれて
,電子の運動とその蓄積を妨げるように $$はローレンツ力とつり合い,電流
は $$ 方向にのみ流れる.すなわち $_{}$ は磁場 $$ と電流 $_{}$ に比例
する.

高校物理「電子論的な考察」練習編。トライイットの電子論的な考察の練習の映像授業ページです。
では最終的に 「抵抗の電位差は電流に比例する」というオームの法則を証明 し
ます。つまり。電子の移動方向と逆向きです。この抵抗力が静電気力と
同じ大きさになると。加速度がとなり。速度が一定になるのです。力のつりあい
式 /?=の値が。比例定数,単位面積あたりの自由電子の個数,電気素量
,断面積,長さ?という定数で表されることがわかり電場磁場中での荷電粒子の
運動

私は、複雑な問題でも解けるよう、ベクトルを用いた立式をした後、成分表示に持ち込むのがよいと考えています。ベクトルから立式するのは遠回りのように思われるかもしれません。単純な問題では、いきなり成分表示で立式しても大丈夫ですが、相対運動の問題などで、正確な立式ができます。質問者さんの疑問点は、力が他のベクトルの関数となっている場合、立式の時、ベクトルの方向をどう設定するかではないかと思います。ベクトルをF*のように*をつけて表すとき、1定ベクトルの場合重力のような定ベクトルの場合には、話は簡単です。鉛直方向座標の基底ベクトルをj*として、正の定数m、gを用いて、j*と重力が同じ向きで測定されれば、mg?j*、j*と重力が反対向きと測定されれば、-mg?j*のように、単純に成分表示に持ち込めます。2力が他の可変なベクトルの関数になっている場合流体抵抗などのように、F*が速度V*可変の関数になっていて、「抵抗が実際の速度の逆向きに働く」という特性をどう表すかで迷いが生じます。この場合「すべての変数ベクトルを座標軸の方向にあわせて立式する」と整合性が崩れないと思います。流体抵抗ですが、運動の方向に反対という特性は、「F*の関数形を明示する際につける符号」で表現します。 F*=-k?V*質問者さんの表現でいうと、-V*のk倍という表現?電子の抵抗も、座標軸に合わせた速度V*を使って、その反対方向に作用すると意思表示できます。 F*=-kV*電界におかれた自由電子電荷-eに作用する力も、座標軸にあわせた電界E*を使って、 F*=-eE*議論になっている電子の運動方程式ですが、x座標の1次元的な運動として基底ベクトルi*を使うと、E*=E?i*Eは電界の大きさのようにすると、 m?0*=-eE*+-kV* → 0?i*=-e?E?i*-kV?i* ???A基底ベクトルを除くと成分表示できて、0=-eE-kV問題文に「電界はx軸の負の方向」などと指定があった場合、座標軸の方向さえ意識していれば、Aの式に「E=マイナス〇〇」と代入しても良いですし、E*=-E?i*のように表現して、新しく立式しても間違いはおこりません。 m?0*=-eE*+-kV* → 0?i*=-e?-E?i*-kV?i* 0=eE-kVあなたは大きさで考えるところをベクトルで考えてしまっている。ma = mg ? kv … ① についてaは加速度の大きさ、vは速さを表す。よって、ma、mg、kvは全て力の大きさである。抵抗力の大きさは速さに比例するので、比例定数kを用いてkvと表される。①が導かれる経緯は次のようになる。大きさmgの重力が下向き、大きさkvの抵抗力が上向きとするとき、これらの合力の大きさFはF = mg ? kvで、向きは下向きになる。また、加速度の大きさをaとすると、F = maと表される。よって、ma = mg ? kv が成り立つ。次に、電子の終端速度についてこれについても座標軸をって向きと大きさを同時に考えるよりは、一旦大きさだけで考えるべき。vを速度ではなく、速さとする。静電気力の大きさをFとすると、F = eE抵抗力の大きさはkvよって、これらがつり合うときeE = kv v = eE/ k Eと逆向き ベクトルで求めると次のようになる。まず、速度v、力F1,F2は右向きのときを正とすると、電場は右向きなので、F1は左向き、F2は右向き、vは左向きである。よって、F1 = ?eE F2 = kv = ?kv F1 + F2 = ?eE ?kv = 0v= ?eE/k Eは電場の大きさとしている。電場を向きも含めて文字で表すと言うことはほとんどない。 ベクトル量については、大きさと文字を同時に文字で表す方法と、大きさだけを文字で表す方法があるように思われる。なお、前者についてはそれぞれのベクトル量の向きを座標で設定する必要がある。前者の方法は速度の計算で見られるが、後者の方が活躍する頻度は高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です