Diary ど素人バンドのライブ活動自前でやろう見よう見

Diary ど素人バンドのライブ活動自前でやろう見よう見。補足です。ど素人バンドのライブ活動自前でやろう、見よう見まねだったり、知恵袋で質問なら機材揃え かいかんせん専門知識無いので、オーディオ詳い方、 幾つか質問させて下さい ち なみ100?300人の野外だったり屋内だったります ① YAMAHA stagepas 600i 2台繋げてメインてい、今回新たCLASSIC PRO DCP 1400 パワーアンプ、EV SX300 のスピーカー2台導入よう思 DCP 1400SX300 2台の組み合わせ、問題ありませんか ②stagepas 600iスピーカーのスペック見ます680W (340W + 340W) 言うこ、今回導入するDCP 1400SX300で450W+450W出すたら、900W言う事なるのでょうか ③DCP 1400SX300で900W出て、さらstagepas 600i 2台一緒使ったら、900W+680W+680W=2260Wなる言う事か 元々2260W出せるスピーカーアンプあったするならば、同等の物なるのでょうか ※ DCP 1400 スペック ■ステレオ出力(2ohms): ■ステレオ出力(4ohms):750Wx2 ■ステレオ出力(8ohms):450Wx2 ■ブリッジ出力(4ohms): ■ブリッジ出力(8ohms):1500W ■周波数特性:20Hz~20kHz ※ SX300 ■タイプ:2WAYフルレンジ ■周波数特性:50 Hz 20 kHz( 10dB) ■許容入力:300W(RMS)、600W(PGM) ■インピーダンス:8ohms ■出力音圧レベル:99dB ■ウーハーユニット:12インチウーハーDL12 BFH ■ドライバー:1インチコンプレッションドライバー DH2010A ※stagepas 600i ■内容構成:10chパワードミキサー、スピーカー x 2 ■最大出力:340W + 340W ■チャンネルEQ:HIGH/MID/LOW ■エフェクト:SPXデジタルリバーブ ■入力数:10ch(マイク/フォン入力=1~4ch、フォン/ピン=5/6~7/8ch、ピン=9/10ch) ■ファンタム電源+30V(ch1~2) ■スピーカー エンクロージャー:2wayバスレフ型 ■スピーカーユニット:LF=10インチ(25cm)コーン/HF=1 4インチ(3 56cm)コンプレッションドライバー ■スピーカーケーブル:6m×2 ■重量:25 4kg(スピーカー 10 8 kg x2 + ミキサー 3 8 kg) ■観客規模:室内250人、屋外150人?「。することができます。「!知恵袋」をダウンロードして。。
でお楽しみください。知恵袋アプリなら。すべての質問と回答が
スムーズに。サクサク読めちゃう! 疑問や悩みもストレスなく即

Diary。今日知人から。「もうすぐカウンタが100万ヒットじゃん!」 と言われてマジ
で!?とみてみたら95万でした。 さんびっくりしたよ~笑 でもちっちゃ
すぎるうちのカウンタがいけないよね‥‥^^; 100万の際には何か

補足です。DCP1400に関しては同意見です。額面上のスペックだけで選ぶとロクなことがないです。ほぼ同じ価格帯ならば、ヤマハのPX3の方がよっぽど良い音で、不安定な電源環境でも安定して動いてくれます。PA用アンプに関しては、フルパワーでの数値がスピーカー耐入力を少し上回っているくらいが現実的には安心なので、できればもう少し予算を工面してPX5500Wくらいの出力のアンプが欲しいところです。同じ音源を複数のスピーカーから出すには、音が波であることを考えれば「波の干渉」が起こるため不都合なことの方が多いと理解できると思います。音量を稼ぐため複数のスピーカーを使うことは、実は難しいのです。ミキサーはどうするのでしょうか?Sx300は特に屋内で使うとハイがきつく感じることが多く、現場合わせでEQを使い高域を削ることが多いですので、その調整ができるようにしておかなければいけません。ヤマハPXシリーズのアンプなら、内蔵DSPに予め調整したEQを設定してプリセットしておけばロードするだけで基礎の設定はできますが現状どのくらいの機材がここに書いていないだけであるのか分かりませんが、STAGEPASをモニター返しに割り当てて、Sx300をメインとするのが一番スマートに仕上がると思います。ただしこの場合、返しの使うSTAGEPASにも、ハウリング防止のためEQが必要になるでしょう。①についてSX300をDCP-1400で鳴らすこと自体は、問題無く出来ます。ただし、DCP-1400は、実際の能力はスペック数値よりかなり低いです。これは個人的な経験談ですが、DCP-1400は450W表記ですけど、実際に手持ちのYAMAHAの250WアンプとSX300を鳴らし比べたら、音量的には250Wアンプと良い勝負+音質はYAMAHAアンプの方が遙かに中低域に密度がある???という状況に。私はその結果で、DCP-1400の導入は止めにしましたが、知恵袋やその他のこの種の情報掲示板でも、DCP-1400の不調?故障の話は枚挙に暇が無いので、あんまりお勧めアンプでは無いですね。以下、この私の体験談や、ここよりは専門的な情報掲示板での情報を踏まえれば???②についてスペック数値を「机上の空論の足し算」する限りでは、その計算が間違ってはいません。しかし、実際のところはStagePass600iにしてからが音質はDCP-1400よりずっとマシながら現場での実効出力では340W×2も出ませんので、半ば感覚論では有るものの、600i=200W×2相当DCP=300W×2相当 というところ。少なくとも、私が両機種を使ってステージを組まざるを得なくなったら、頭の中では「真の実力は600iは200W相当、DCPはせいぜい300W相当各×2」 という数値を基準にして組み立てます。経験的には、これでちょうど実態に合うので。③については、数値部分は上の②を参照。そして、仮に真に「900W+680W+680W=2260W」が成り立つとしても、そこで「仮に2260Wのアンプと相応しいスピーカがあると仮定して、この組み合わせと同等の音が出るか」という点については、明確に『NO』です。W数と音の関係は、そんな単純なもんでは無い???という回答とせざるを得ないんですが、今現在でも、『600iを2基使った場合の音量または音の提供範囲は、600iが1基の倍になるか』という点で、「倍には絶対にならない」ですので。まぁ良くても1.5倍程度までです。なので、そういう実態を現場で正しく認識していれば、W数を単純に足し算することには、大して意味は無いことがわかるんですけどね。???と、質問に対して、直接対応する回答はここまで。あとは余談ですが、オーディオに詳しい方、教えて下さい。業務用音響機器の基本的なセオリーや機器設計の考え方は、一般的な家庭用オーディオ機器とは全然違うので、「オーディオカテゴリ」で質問してもあんまり有識者は居ません。知恵袋の場合は、「音楽カテゴリ」以下で訊く方が、業務用機器専門知識のある回答者が多いです。業務用機器は、一般オーディオのセオリーを鵜呑みにして操作すると、機器を壊す危険すら有り得ますので、「正しい業務用機器の扱い方」を学ぶようにしないと、後で泣きを見がちです。

  • 死ぬほど勉強 第1志望ワンランク下ツーランク下2校スリー
  • 三点透視図法 そこで仮説をど真ん中に縦に大きく書いてその
  • Ginger この文章の文法をおしえてください
  • 法科大学院教育と死刑存廃論 また日本では死刑確定者の死刑
  • 米津玄師のおすすめ25曲 この曲を聴いてみてその感想など
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です