韓国?強制徴用判決から2年 南朝鮮の徴用工の件勝手な判決

韓国?強制徴用判決から2年 南朝鮮の徴用工の件勝手な判決。基本的なことを一言、日本は、韓国と、国際法を通じて接しているのです。南朝鮮の徴用工の件、勝手な判決腹立たく思
どうて日本の野党議員反論の声あげないのか 怒ってる国民の声聞こえないのでょうか 日本統治時代がらみなら何でも請求できるのか。しかも。今回勝訴した原告は「徴用」や「強制動員」ではなく。「募集」に応じ
て労働に従事した者だ。現在の韓国流の勝手な解釈と価値観による。いい加減な
判決が確定してしまった。日本統治時代が絡めば何でも韓国?強制徴用判決から2年。日本企業による韓国人強制動員被害者への賠償を命じた年の韓国大法院判決
から年。非核化交渉」に一貫して反対する立場をとり続けた日本政府や日本
社会を懐柔するため。「徴用工問題では韓国は妥協せよ」書くことかもしれない
。そんなものを「国益のため」と賢しげに説くようなことはやりたくない。
し過ごす中で強く感じるのは。南北分断の最中にいる韓国にとって。安倍氏が
勝手に「終止符を打った」戦後は。今なお継続中であるということだ。

徴用工裁判と日韓請求権協定:。また徴用工裁判については。本書の帯に記載がある「一番考えるべきことは。
過酷な被害を受けた彼女らが。歳から今日に至るまで救済されずに放置され
てきたということ」に言い尽くされているかと思います。両国政府が協調して
被害者を

基本的なことを一言、日本は、韓国と、国際法を通じて接しているのです。韓国国内の出来事については、どうでもいいのです。徴用工判決がどうであろうとも無関係、無視すればいいのです。つまり判決自体は、日本と韓国とが接するプロトコルではないということです。徴用工については、国際法日本と韓国とのプロトコル?日本—-日韓請求権協定—-韓国?日本———了解———韓国で今のところ終わっているのです。————–しかし、?日本—-日韓請求権協定—-韓国?日本———了解———韓国?日本——資産差し押さえ—–韓国この時点で「国際法違反」となります。徴用工判決について、韓国行政府は、国際法上「調整」義務があります。このまま何もせず、「新日鉄住金の韓国内における資産差し押さえ」が実施された場合、国際法上、きわめて致命的な大失点となります。国際法は、一方的に国内法に対する優越を唱えて国内法を否定して見せる法体系ではない。むしろ国際法規範と国内法規範は併存しうる、と考えるのが、普通の国際法的な考え方である。いわゆる二元論的な「等位理論」である。国際法と国内法は、常に完全に一元的に一致するわけではないが、それは単に両者が異なる法体系だからだ、と認めるのが、「等位理論」的な考え方である。国際法と国内法は、一致しないまま併存するがゆえに、調和を求める。しかし、時に逆に矛盾を抱え込み、義務の衝突をもたらすこともある。そこで必要になるのは「調整」である。「等位」理論は、必然的に「調整」理論のこととなる。現在、日本政府が韓国政府に求めているのは、この意味での「調整」であると言える。国際法を通じて韓国と接する日本政府は、したがって韓国行政府をただ責め立てるのではなく、その「調整」努力を支援し、促進していくべきである。つまり韓国の国内法廷で私企業に負わされた責任は、国際協定の趣旨からすれば韓国政府が対応すべきものであり、それにしたがって韓国政府が財政措置や立法措置をとることを期待しなければならない。大韓民国憲法は、その前文で、次のように宣言している。「悠久なる歴史と伝統に輝く我が大韓国民は、三?一運動によって建立された大韓民国臨時政府の法的伝統……を継承し……」「三?一運動」とは、韓国併合後の1919年に、日本の統治に反対して沸き起こった運動のことを指す。つまり、韓国の憲法それ自体が、日本による統治を否定して作られた「臨時政府」の正当性を認め、その「法的伝統」なるものを受け継いでいることを宣言しているのである。そう考えると、韓国大法院が「植民地支配と直結した不法行為」について語ること自体は、少なくとも国内憲法との関係で言えば、ありうることである。もちろん大韓民国憲法は、その第六条一項において、次のようにも定めている。「憲法に基づいて締結し、公布された条約および一般的に承認された国際法規は、国内法と同等の効力を有する」韓国政府は、自国の大法院の決定を理由にして、国際法二国間協定遵守の義務の免除を唱えることはできない。韓国大法院も、請求権協定それ自体を否定したわけではなかった。ただ今回、韓国大法院は、自ら「調整」を試みることはしなかった。むしろただ伝統的な協定解釈を否定し、国際法に対する憲法優位説をとるかのように、「三?一運動によって建立された大韓民国臨時政府の法的伝統」にそった立場を選択した。国際法を見ず、「調整」の必要性を認めない教条的な韓国大法院は、日韓の違いを見ず、一方的に憲法優越説を唱えただけだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です