自衛隊法施行令 理由なら自衛隊のているこ明確明記すべきで

自衛隊法施行令 理由なら自衛隊のているこ明確明記すべきで。>改憲は反対の理由で戦争なんか行きたくない。改憲反対の理由で戦争か行きたくない って人多すぎませんか 改憲の意味あまりよく分ず言っているのでょうか 理由なら、自衛隊のているこ明確明記すべきで、明記ないほう危険じゃないか 今全然憲法破ってて許されるならこそ危なくないか 改憲イコールで戦争する国て言ってませんよね 分ないんか 9条の鍵は「放棄する」「保持しない」の目的語:日経ビジネス電子版。安倍晋三首相が。憲法条に「自衛隊の存在を明記する条文を加える改正を目指す
」との意向を示したのを受けて。改憲論議果たして。どのように改憲すべきな
のか。この形ならば。条に関する政府の従来解釈を生かすこともできます。
西さんの解釈はこうですね。条項が「放棄」しているのは「侵略戦争」。
項で「保持しない」としているのは「侵略戦争したがって自衛のための戦力を
保持することは可能――「放棄」もしていないし。「保持しない」ともしてい
ない。

憲法改正の課題。本来であれば。自衛隊明記よりも。厳しい安全保障環境を考えれば。憲法条項
の問題に着手する憲法議論をすべきだと阪田雅裕は。「今の自衛隊を変えずに
発議するのならこうなるのではないか。という発信をもう少ししていただきたい
と私という虚構に浸り。軍事衝突の危険への対処という現実的問題と向き合う
ことから逃避している」と批判をする。自衛隊』と憲法に書きたいのであれ
ば。???例えば憲法七二条に記されている『行政各部』として『自衛隊』を
明確自衛隊法施行令。奈良市 航空自衛隊の初級幹部としての職務を遂行するに必要な知識及び技能を
修得させるための教育訓練を行うこと。二 前号に掲げる隊員のほか。国家
公務員法第六十一条の二第二項に規定する幹部候補者名簿に記載されている隊員
ある旨を明確に表示するとともに。当該招集命令を受けるべき自衛官の氏名
及び階級を記載するものとする。離陸し。又は着陸しようとする場所が地上
若しくは水上の人若しくは物件又は他の航空機に危険を及ぼすおそれがない

自衛隊を派遣するのか。この間。自衛隊の海外派遣は。インド洋での給油活動。イラクでの人道復興支援
活動と。その度に特別法を作り。活動の幅を広げてきた。いま再び。中東?
ホルムズ海峡での航行の自由をめぐり。自衛隊派遣の是非が問われている日本
の平和と安全に重要な影響を与える事態を「重要影響事態」と位置づけ。地理的
な制約がないことが明確にされた。わが国の『国益』に直結する話だから。
わが国の判断でやるべきであって。有志連合が日本のシーレーン=海上平和安全法制における自衛隊の法的地位。まとめにかえて ― 日本の取るべき法政策刻化している。例えば。北朝鮮の
回目の核実験 年 月 日 や 度重なる人工衛星の打ち上げと称する弾道
ミサイル発射実験 年 を憲法 条 項が禁止する軍隊?戦力ではない =
憲法違反ではない と明記されている 。 果たして。国際法上。「武力の
行使」と「兵站業務」は別概念として峻 民主党。公明党。日本発生し
ていたならば。日本は国内法的に強制力による米艦防護が実施できなかったため
に。

防衛省?自衛隊:防衛省本省における行政機関の保有する情報の。叙勲受章者。危険業務従事者叙勲等について掲載しています。2 法では。個人
の権利利益の十分な保護を図るため。特定の個人を識別できる情報は。原則
として不開示とする方式個人識別型を採用している。ただし。前者
については。特に不開示とすべきでない情報をハ公務員等の職及び職務遂行の
内容において除外している。ある情報と同種の情報が公にされている場合に
。当該情報のみ公にしないとする合理的な理由がないなど。当該情報の性質上
通例公にされる

>改憲は反対の理由で戦争なんか行きたくない!って人多すぎませんか?改憲の意味をあまりよく分からず言っているのでしょうか?改憲の意味が分かっていないのはあなたの方だと思いますけど。では、何のために改憲するのです?改憲賛成の理由が、ただ改憲したいからってだけの人、もしくは勝手に改憲を魔法の呪文か何かと勘違いしている人ばかりじゃないですか、今の日本の改憲派は。*****日本国憲法は、日本が個別的自衛権を行使することを何ら妨げていない。それは砂川訴訟の最高裁判決でとっくの昔に判示済みの話です。–「わが国が主権国として持つ固有の自衛権は何ら否定されたものではなく、わが憲法の平和主義は決して無防備、無抵抗を定めたものではない」「わが国が、自国の平和と安全を維持しその存立を全うするために必要な自衛のための措置をとりうることは、国家固有の権能の行使として当然のことといわなければならない。」「わが国の平和と安全を維持するための安全保障であれば、その目的を達するにふさわしい方式又は手段である限り、国際情勢の実情に即応して適当と認められるものを選ぶことができる」–よって、日本が武力攻撃を受けた時に、実力で日本を守ろうと考えているだけなら、改憲の必要は全くない、自衛隊も専守防衛目的なら合憲と導くことができる。つまり日本を守るという点では、法的には改憲する必要はない。改憲しなければいけないのは、日本が他国を侵略したい、あるいは他国の戦争に加担したい時だけですよ。>その理由なら、自衛隊のしていることを明確に明記すべきで、明記しないほうが危険じゃないですか?憲法に自衛隊と一言書いたら、それで「自衛隊のしていることを明確に明記」したことになるのですか?おっしゃっていることに、全くスジが通っていませんが。本当にしていることを明記する、例えば、部隊の編制や予算規模、派遣が可能な範囲といったものまで憲法に書くというならやってもいいですけど、その代わり、世界情勢が変化したって、日本は改憲しなければ自衛隊にやらせることを変えることはできないのですから、日本の手足を縛ることになりますよ。その方がずっと危険だという認識はないのですか?>改憲がイコールで戦争する国なんて言ってませんよね?分からないんですか?では、何のために改憲するんです?自衛官の子供が泣いているとか、そんな情緒的な話ではなく、改憲が国民にとってどんなメリットがあるのか、合理的な説明をして下さい。*****そもそも、自衛隊明記なんて改憲をしたところで、自衛隊のもつ兵器がアップグレードされるわけではなく、予算が増えるわけでもなく、自衛隊志願者が激増するわけもなく、ましてや、それで日本を敵視する国が手加減してくれるようになるなんて、絶対にあり得ない。つまり、日本の抑止力が高まる効果は全くない。首相やその支持者は憲法に明記することで自衛隊の憲法論争に終止符を打つなんて言ってますけど、自衛隊が違憲と言われるのは、憲法に書かれていないからではなく、9条2項に戦力を持ってはいけないと書いてあるから。その条文がそのままなら、自衛隊が戦力に該当すると言われるような運用をすれば、相変わらず自衛隊は違憲と言われることになります。結局、本来は自衛隊の明記なんてやったって、国民にとって何のメリットもない、ただ改憲してやったぞという首相とその支持者の、そして憲法に書かれたぞという一部のちょっとおかしな自衛隊員の自己満足にしかならない、そういう改憲となるはずです。首相は自衛隊員が「誇り」を持って任務を全うできる環境を整える、とか自衛隊幹部に訓示していましたけど、「誇り」を持てるか持てないかで、自衛隊員の仕事の出来不出来が変わるんでしょうか。そう考えているとしたら、この改憲案は自衛隊員に対する侮辱です。*****でも、もし自衛隊明記で何かが変わるとしたら、言い換えれば、それが何等かの形で国民へのメリットとなるとしたら、自衛隊員に「誇り」と持たせることで、「誇り」を持った自衛隊員はより危険な任務に率先して従事するようになる、その分、国民が安全になる、という発想くらいしか、私には思いつきません。これが改憲派の本音だとすると、この改憲案は、自衛隊員をこれまで以上に危険な目に遭わせるための環境整備ってことになります。死んでもらいたいから、誇りを持たせてあげる、だなんて、戦前の日本が国民に戦争で死んだら靖国神社で神様としてまつられるのだ、と言っていたのと同じ。つまりこれは、自衛隊員の命をより奪いやすくするための、人の道に外れた改憲だということになります。改憲しなくても戦争できるように安保法案を通したじゃん多くの憲法学者が違憲だって言ってたのにってか、そもそも憲法って何の為にあるか知ってるの?権力者を縛るためのモノなんだけど安倍政権が言ってる改憲ってそれを緩めるものなんだわちなみに野党も改憲案をだしてるよそれは総理の解散権を制限するものだけど当然ながら与党は無視してるけどねそれでいて野党は議論すらしないってデカい声で言ってるそういう一連の動きが分かっていて質問しているわけ?戦争に反対であることと改憲はイコールではないんですがどうも勘違いしている人が多いですよね。例えば、自衛隊の根拠になっている「自衛権の行使」。これ自体を違憲として憲法の条文に盛り込んでもいいはずです。<条文例> 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の自衛権並びに交戦権は、これを認めない。こうすればはっきりと自衛隊は違憲になりますし、自衛隊を保持するだけの根拠がなくなります。特に自衛隊に反対している人はこういう改憲を目指すべきであり、それを行わないのは怠慢としか言いようがないと思います。左翼に騙された馬鹿は全員そんなかんじかと。私も、同じ考えです。憲法改正は、「平和を、守る為」に行われるべきです。「徴兵制を国民に強いる為」でもないし、ましてや「日本を、戦争に巻き込む為」でもありません。しかし、日本には、「憲法改正されては都合が悪い」と言う人達がいるんでしょうね。それは、例えば「中国共産党」です。中国共産党は、近い将来、必ず日本の領土を侵略して来るでしょうね。その時、「平和憲法」が、変えられていては、都合が悪いでしょうね。また、現に日本の領土である「竹島」を、不法占拠している韓国です。韓国政府も、日本の憲法改正は都合が悪いでしょうね。そういう他国の政府の「傀儡」として日本に居住して、世論を誘導している人達がいます。政治家の中にも、マスコミにも、文化人の中にもいます。そして、「平和を、守る為に憲法を守ろう?」ってな事を言う訳です。基本的に憲法を理解できていないか、あえてとんでもない妄想を繰り広げている論理だね。敗戦国が、戦勝国に押し付けられた憲法なので、日本のあるべき姿の憲法に変える必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です