秋篠宮さま >秋篠宮さま誕生日先立つ22日の記者会見で大

秋篠宮さま >秋篠宮さま誕生日先立つ22日の記者会見で大。よくわかりませんが、あえて言うなら「皇族の政治的な発言ととらえ」の部分ではないでしょうか。秋篠宮さまの大嘗祭(だいじょうさい)公費支出するこたいする批判どう思か >秋篠宮さま誕生日先立つ22日の記者会見で、大嘗祭(だいじょうさい)公費支出するいう政府の決定対、疑問示された 政府方針変更ない、皇族の政治的な発言らえ、問題視する声ある (読売新聞)<

皆様、件関てよう考え
問題だ思か 洋食器に魅せられて。また。天皇が即位の礼の後に初めて行う新嘗祭を大嘗祭という。となった
秋篠宮さまが。「宗教色が強い」ことを理由に。公費から支出することに疑問を
呈した。 年月。歳の誕生日を前にした記者会見で。秋篠宮さまは。「
身の丈に合った予算に相当する会計から支出すべきではないかとの考えを示
された。

改めて国会で議論を。九州大教授 南野森 秋篠宮の誕生日会見での発言が議論をよんでいる。皇位継承
にともなう大嘗祭だいじょうさいの費用を国費宮廷費から支出する
という政府の決定に対し。秋篠宮は。「宗教行事と憲法との関係はどうなのか」
という大嘗祭「国費で賄うことが適当かどうか」秋篠宮さま。秋篠宮さまは日。歳の誕生日を迎えるにあたって記者会見に臨み。来年の
皇位継承に伴う伝統儀式「大嘗祭だい儀式の宗教色を踏まえ。天皇の生活費
にあたる予算から支出されるべきだという考えを示されました。秋篠宮さまは
平成の「大嘗祭」の時から同じ考えだったということで。今回もこうした考えを
宮内庁の長官などに国費から支出することに問題はなく。議論も尽くされてい
て。何を懸念されているのか真意をくみ取れない」と述べました。

秋篠宮さま53歳。53歳の誕生日を前に。紀子さまと共に記者会見される秋篠宮さま=22日。
東京?元赤坂の秋篠宮邸代表撮影これに先立ち。東京?元赤坂の宮邸で
秋篠宮妃紀子さまとともに記者会見に臨み。代替わりに伴う大嘗祭だいじょう
さい会計内廷費」でまかなうべきだとし「身の丈にあった儀式」とする
ことが「本来の姿」との認識を示された。政府は来年11月の大嘗祭に関し。
皇室行事とするものの。皇室の公的活動費「宮廷費」国費を充てた気。安倍晋三首相は4日。三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝後に年頭の記者会見に
政府は海の上で風車を回して発電する「洋上風力発電」の導入を促す法案通常
国会が召集された22日。安倍晋三首相は自民党の両院議員総会で。同党が年内
安倍晋三首相は施政方針演説のはじめに。150年前の明治という時代の歴史

秋篠宮さま。秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し。天皇の
代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭だいじょうさい」について。「宗教色が
強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ。政府は公費を…53歳の
誕生日を前に開かれた記者会見で質問に平成2年に行われた前回の大嘗祭
では。国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が
秋篠宮さまは「身の丈にあった儀式」にすることが本来の姿。とも述べた。シリーズ?2回のお代替わりを見つめて。大嘗祭が夕から翌日未明にかけ。皇居?東御苑に建てられた
大嘗宮だいじょうきゅうで。三権の長や天皇が毎年秋に行っている「
新嘗祭にいなめさい」は。お供えに特定の皇室の田などの新穀を使う。
しかし。「極めて重要。伝統的な皇位継承儀式で。公的性格がある」と政府は
判断して公費国費支出を決めた。歳の誕生日を迎えられる前に記者会見
される秋篠宮さま=。東京?元赤坂の赤坂東邸時事

秋篠宮さまが公費支出に疑問。大嘗祭だいじょうさいは五穀豊穣ごこくほうじょうと国民の安寧を祈る
儀式です。歳の誕生日を前に記者会見をされる秋篠宮さまと紀子さま=東京
都港区の秋篠宮邸で年月日。代表撮影あらかじめ選ばれた「斎田
さいでん」で収穫された米などを天照大神あまてらすおおみかみや神々に
供え。天皇陛下も同じが適当かどうか」などと述べられ。天皇の私的生活費
にあたる「内廷費」から支出されるべきだという考えを示しました。秋篠宮さま。秋篠宮さまは。日に迎えた歳の誕生日に先立ち。東京?元赤坂の秋篠宮邸で
記者会見に臨まれた。年の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭だいじょう
さい」への公費支出に疑問を呈し。長女。眞子さまの婚約に対する
考え方も示された。発言の平成の代替わりに際して行われた大嘗祭年
月日。皇居新年祝賀の儀を終え。退出する天皇。皇后両陛下。皇太子
さま。秋篠宮さま転職時の意思決定パターンを考える

よくわかりませんが、あえて言うなら「皇族の政治的な発言ととらえ」の部分ではないでしょうか?やはり発言は慎重に!ってことでは?秋篠宮さまが究極的に考えるのは、完全なる宗教的な行事にすることではないか。と思いました宮内庁が寄せ集め状態で、しかも、事なかれ主義に徹底しています。このままでは、皇室が形骸化してしまうという危機感が強いのではないでしょうか?そうでなければ、公式の場では発言せず、私的な場でお言葉を述べられると思います皇族は政治的なことに口を出す権利は無い。公費を出すことによって、天皇制を制御し政治から切り離している。天皇家内の催事に口を出すなということであれば、次期天皇を天皇家内で決めた後に、政府に承認してもらうという方式もありえる。しかし、これは政治面においては一応政府主導の形になってはいるが、決定過程の曖昧さ不透明さが生じ、天皇制に税金を投入している国民の視点から見て、反対意見が増えるであろうと予想する。よって、天皇の催事を公費で行い天皇制の政治性を薄めることが、国民に安定感を与え、より天皇制に同意しやすいであろうと考える。従来より日本は、安定した天皇制が他国と比べておだやかに政治体制を支えるという国家構造となっており、それは現在においてもそうである。足が地についてない、思いつき発言のように聞こえます。代替案もはっきりしないし、ご自身がどう受け止め何が出来るのか、その覚悟も伝わって来ません。行動に結びつくことのない空虚な理想論、つまり絵空事ですよ。そんなことより、眞子さまのご結婚についての見通しを、宮家の当主としてキチンと述べるべきだと思います。娘の将来を積極的に後押しするのは、父親として当然のことだと私は思います。現実感がない。つまり、絵空事を述べても、説得力はうまれません。高円宮妃殿下久子さまの、あの凛とした姿勢と行動力を見倣ってほしいと思います。大嘗祭の必要性は平成が始まるときに大問題になりました。そもそも批判をあびている宗教行事なのです。秋篠宮は問われたから答えただけですよ。生まれる前だった人や子供は知らなくてもしかたない。でも、いい歳をして、大嘗祭の必要性が棚上げになっていることをけろっと忘れている人が、「秋篠宮、へんなこと言いだした」とか「リベラルですばらしい」とか的外れなことを言ってますが、冷静にとらえてくださることを期待します。皇族の政治的な発言ととらえ、問題視する声もある。読売新聞皇族を全く敬う気持ちのない、反日新聞が騒いでいるだけ、だよ。読売は、政府のスポークスマン、だからな。現政府は、自分たちが陛下を敬う気持ちの全くない反日政府である、と公言したようなものだ。それでいて、君が代強制、だものな。ったく、ふざけるな! と言いたい。批判はあっていいと思うし一理あるとも思うけど、それを公の場で発言する必要があったのかどうか、という疑問はある。「公費」で無くなれば安倍総理の意見もあまり通らなくなります。規模もさほど大きくは出来ないので官邸からは嫌われるでしょう。そもそも大嘗祭が「政治活動」なのでしょうか?秋篠宮は、まともなことを言ったと思うけどね寄付やなんかでは20億も集まらないと思っているのかね?自分たち天皇家の人々が税金で生活できることに疑問を持っていない、おめでたい発言です。秋篠宮さんの批判は、正論です。正論として受け止めない、政府の方がおかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です