武将シリーズ 両家毛利連合の一角であり毛利家の内部分裂あ

武将シリーズ 両家毛利連合の一角であり毛利家の内部分裂あ。そもそも、徳川家康が大老筆頭で執政的な地位であるのは規定事実ですなので、それを打倒する側に付くということはクーデターに参加することになるわけです成功すれば大きな見返りはあるが、失敗したら命も含めて全て失う可能性もあるわけです毛利はすでに屈指の大大名であるのに危ない橋を渡るべきでないという考えはあってしかるべきと思いますまた輝元や吉川広家の祖父である毛利元就の「天下を望むべからず」という家訓もあります家康に権力委譲がスムーズに行われない場合は天下は収まらないと判断できますし、新たな戦乱を望まないなら、また毛利家の勢力の現状維持を望むなら東軍ということになります別に家康や徳川に義理があるということでもなさありませんまた小早川はすでに「カギ括弧」付の毛利一門です秀秋が養子として送り込まれたことで、毛利から送り込まれた家臣やさらにその前の本当の小早川家以来の家臣はほとんど去って、その時点での有力家臣は全て豊臣家から送り込まれた者ばかりでしたなので、毛利本家の意向を気にすることはなかったのです関ヶ原は、豊臣対徳川の戦いではありません。日本史、関ヶ原の戦いついて
日本史オンチ 西軍多数の反逆者で、中で小早川吉川ついてお尋ねます 両家毛利連合の一角であり毛利家の内部分裂あったて東軍与する理由わかりません 簡単ご教示いただければありたい 毛利家の外交僧安国寺恵瓊はなぜ関ケ原敗戦で斬首されたか。戦国大名毛利家の一外交僧であった安国寺恵瓊が。その類まれな能力で豊臣秀吉
のこの時は恵瓊と秀吉方軍師黒田官兵衛の折衝で。あの歴史上有名な秀吉の”
中国大返し”の演出をすることになります。毛利家が反信長連合として。本願寺
ー足利義昭を巡る政治勢力と大きくかかわっていた関係上。恵瓊はこれらの関係
者との安国寺恵瓊と云うひとは歴史の脇役かもしれませんが。後ろ盾
がなくなって毛利家内部での恵瓊の立場は微妙になって行きます。

両家毛利連合の一角であり毛利家の内部分裂あったて東軍与する理由わかりませんの画像をすべて見る。関ヶ原の戦い?本当の裏切り者?は誰なのか。関ヶ原の戦いは。小早川秀秋の裏切りによって石田三成率いる西軍が敗れ。徳川
家康の東軍が勝利した」一般の彼の父。吉川元春は毛利元就もとなりの
次男で。吉川家の養子となり家督を継いだため。両家は同族関係にありました。
吉川広家は一族の中で年長かつ実力者でもあったため。当時「実質的」に毛利家
を取りまとめる「中心人物」でした。ほかにも広家は。西軍の総大将にかつが
れていた毛利輝元を関ヶ原に出陣させずに大坂城に留め置くなど。「武将シリーズ。それに太守の義久は最初から東軍支持であり。戦後。必死に領土安堵の外交努力
に努めたせいでもあった。日新斎こと島津忠良と言い。その孫の維新公と言い
。戦国時代の末期。島津家は世の中を日新する。維新するいずれ。孫子たちが
われら四兄弟の記念碑を建ててくれるかも知れません。しかし。毛利氏を築い
た毛利元就は子孫に「天下を望むべからず」と遺訓していたのである。その
理由は薩摩地方はシラス台地に覆われた複雑で険阻な地形を持つ。

毛利氏の歴史/毛利博物館。毛利氏の祖は。源頼朝の側近として鎌倉幕府の基礎を固めた大江広元おおえの
ひろもとである。これによって西国の情勢にも通じた時親は。南北朝内乱を
契機に所領安芸国広島県吉田荘よしだのしょうへの移住を敢行する。時に安芸
国では観応の擾乱の余波を受け足利尊氏?直冬両勢力が激しく対立しており。
毛利氏も一族が分裂して相争ったが。時親の曾孫の尼子氏を降し。西国最大の
戦国大名となったが。元就の死後元就の孫の輝元てるもとは。 勢力を拡大し
つつあった毛利家のガイド。まだすべての情報を掲載できていませんが。順次加筆していきます。江戸城に
登城した際に待機する部屋詰所, 大広間毛利氏の祖は鎌倉幕府初期の重鎮
として活躍した大江広元の四男?季光で。その本拠が相模国毛利荘であったこと
がその名の由来となる。注目すべきは。毛利家という巨大集団の内部で意見
対立が起こっていたことだろう。彼が秀吉の遺児である秀頼をかかげて家康と
の徹底的な敵対を宣言すれば。東軍に参加している豊臣恩顧の大名

関ヶ原合戦の前日。毛利家が東軍に与するに際して。起請文を取り交わすことにより。互いの約束を
強固に取り結んだのである。輝元が家康と和睦を結んだのは。広家による強い
説得があったと考えられる。井伊直政?本多忠勝の起請文に加えて。正則と
長政の起請文が提出された理由は。輝元が東軍に勧誘した2人の確約を欲した
のであろうあくまで日和見的な態度であり。万が一。西軍が有利に運んだなら
ば。次の一手。つまり東軍への攻撃を想定していた可能性も否定できない

そもそも、徳川家康が大老筆頭で執政的な地位であるのは規定事実ですなので、それを打倒する側に付くということはクーデターに参加することになるわけです成功すれば大きな見返りはあるが、失敗したら命も含めて全て失う可能性もあるわけです毛利はすでに屈指の大大名であるのに危ない橋を渡るべきでないという考えはあってしかるべきと思いますまた輝元や吉川広家の祖父である毛利元就の「天下を望むべからず」という家訓もあります家康に権力委譲がスムーズに行われない場合は天下は収まらないと判断できますし、新たな戦乱を望まないなら、また毛利家の勢力の現状維持を望むなら東軍ということになります別に家康や徳川に義理があるということでもなさありませんまた小早川はすでに「カギ括弧」付の毛利一門です秀秋が養子として送り込まれたことで、毛利から送り込まれた家臣やさらにその前の本当の小早川家以来の家臣はほとんど去って、その時点での有力家臣は全て豊臣家から送り込まれた者ばかりでしたなので、毛利本家の意向を気にすることはなかったのです関ヶ原は、豊臣対徳川の戦いではありません。ここ、最初におさえておいてください。この戦争は、「秀吉なきあと、誰が豊臣家のなかでトップに立つか」という戦争であり、豊臣家臣団の内部分裂です。だから、東西に分かれているのは、最終的には「なりゆき」でしかない。人の好き嫌いとか、人脈とか、タイミングとか、そういうことでたまたま豊臣の家臣が二つに分かれているんであって、思想とか主義主張とかは、ほとんどありませんないわけではないけど、二の次です。石田三成は自分が正義だ正義たって叫んでますけど、それはそれでいいです。徳川家康のほうだって同じように自分が正義だって言ってますから。どっちにつくかは、最後にはそれぞれの自由意志だってことです。そして、これが一番大切なことですが、「負けたほうについたら、ゼロになる」ということです。敢闘賞はない、ってことです。毛利は、なりゆきで西軍の総大将に担がれてしまっただけで、ひとことでいえば毛利輝元の粗忽です。うっかりです。彼は関ヶ原の決戦のときに大坂城から動きませんでした。当然、前線の毛利軍にも「大丈夫か?」という疑惑が広がります。なにしろ、負ければゼロなんですから。なかでも吉川広家は、最初から家康が勝つに違いない、と踏んで、家康と内通していました。だから戦争が始まっても動きませんでした。最悪ゼロになる事態はこれで避けられたわけです。なお、これは「反逆」ではありません。毛利は「秀吉が強かったから従ってただけ」の外様大名です、豊臣への忠義を貫く必然性はなにもない。百歩ゆずって、それでも毛利は豊臣の家臣でしょ、といっても、東軍も西軍もともに「自称。豊臣公儀軍」なんで、どっちにつくかは自由意志なんです。石田三成からみえれば裏切り、反逆でしょうけど、客観的にみれば「当然の自衛行動」にすぎません。だって、西軍は負けるんだから。負けるとわかってるほうにい続けて、取り潰されたら家臣が全員死ぬか路頭に迷う。それは大名としていちばんやっちゃいけないことです。小早川は、この時点ではすでに毛利の分家という性格は薄れています。秀秋が養子に入った時点で、すでに毛利本家の指令を聞いたりする必要はない独立大名です。関ヶ原の戦いを、豊臣対徳川の戦いだと勘違いしている人は、秀吉の養子である小早川秀秋が西軍いるのが当然で、それが寝返るとはけしからん、といいますが。関ヶ原は「寧々さん派」尾張系?武断派と「淀どの派」近江系?文治派の抗争が発端なのは間違いないところです全てではありませんが。そもそも秀秋は北政所寧々の甥です。秀頼や淀殿にとっては何の血のつながりもない赤の他人です。石田三成は、「勝ったら関白になってもらう」と言って秀秋を繋ぎ止めようとした、という話もありますが、寧々さんの甥が仮に関白にされたとしても、時期がくればあの秀次と同じ運命をたどるのは目に見えています。そんな「餌」に心を動かされたなら秀秋も馬鹿ですし、そんなものが「餌」として効くと思ったのなら三成も馬鹿です。 実際はどっちも馬鹿ではなかったから、小早川は東軍についたわけで。「関白」云々という話自体が眉唾です。 小早川秀秋は人脈的には完全に寧々さん派で、西軍について関ヶ原まできちゃったのがそもそも間違いなんです。だから実のところ石田や大谷すら「あれは事実上、東軍だ」って分かっていたんです。だから最初から小早川は「寝返り」ではありません。保身のためでしょう。徳川家康が次の天下人になることは、フツーに考えたら誰だってわかることでした。豊臣秀頼、まだ小さかったし。だったら家康についたほうが得策じゃないですか。三成なんかにつくよりも。家康か、さもなくば三成かと言われたら、よほどのことがない限り家康につきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です