佐渡の民謡 盆踊りで使われるみよちゃんみよちゃん大好きよ

佐渡の民謡 盆踊りで使われるみよちゃんみよちゃん大好きよ。。盆踊りで使われる「みよちゃんみよちゃん大好きよー」いう歌詞の曲名、うたっている方知っている人いませんか なっとく童謡?唱歌。曲がつけられ。明治四十五年発行の『尋常小学唱歌三』文部省に掲載された。
<「とんび」を発表> 葛原しげる作詞。梁田貞作曲の「とんび」は今も愛唱され
ている。「平尾昌晃。なぜか僕をひきつけるつぶらなひとみに 出会う時なんにもいえない 僕なのさ
それでもいつかは 会える日を胸に描いて歩いていたらどこかのだれかと よりそっ
てあの娘が笑顔で 話してる 父さん 母さん 恨むじゃないがも少し佐渡の民謡。この単純な七?七?七の繰返しが。口説といわれる音頭の特色だが。長編の歌
物語にもなっていて。主として化政期文化?文政に。相川などで町相川
甚句は新潟?長野両県下に広く分布する盆踊り唄の「えーよー節」が相川化した
もの。出雲節舟方節 →「佐渡船方節」参照「佐渡古民謡調査」山本修之
助 「郷土研究-佐渡」所収に大略次のように載る。また。牛方がよく歌う歌
で。相川帰りの牛方が牛の尻を叩きながらこの泣き節を唄って通ったとも書いて
いる。

嬉し懐かし盆踊り。よく聴く音頭は種類 盆踊りでよく歌われる『○○音頭』や『□□節』は。歌詞
の内容や起源で。おおよそ種類に分かれます。当時の作業のかけ声が。現在
の歌の合の手として残っているだけという場合も少なくありません。好き好き
好き好き大好きよ?が耳についたら離れない。出所不明の『ミヨちゃん音頭』は
その最たるものでしょう。このリズムが出る箇所は『東京五輪音頭』を歌った
時の“オリンピックの顔と顔”の“リン”と最初の“顔”。『炭坑節』の“月ミヨちゃん:。1 僕のかわいいミヨちゃんは 色が白くて小ちゃくて 前髪たらしたかわいい娘
あの娘は高校二年生ソロの大ヒットとしては。昭和年に発売され
た『星は何でも知っている』がありますが。これは水島哲作詞。津々美洋作曲で
した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です