主張原発輸出の頓挫 ベトナムやリトアニア凍結などやめた話

主張原発輸出の頓挫 ベトナムやリトアニア凍結などやめた話。終わりですね。トルコ原発輸出断念 せっかく安倍首相行ったの、三菱残念でたね ベトナムやリトアニア凍結など、やめた話ばかり、日本の原発輸出う終わりか ベトナムの原発開発計画と日本の原発輸出。ベトナム政府は。現在。総発電量の割以上を占める水力発電は建設可能な水域が
少なくなり。火力発電は資源価格の高騰や二酸化炭素排出の問題を考慮すると
増設は困難となっていると分析しています。 そのため。ベトナム政府は年
月。第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。火力装備の劣る日本軍は。白兵突撃に頼る ばかりで。ロシア軍の砲弾の集中と。
機関銃の斉射になぎ倒された。表面では「聖戦」だの「東洋平和のため」など
ともっともらし いことを言いながら。その実。戦争は願ってもない金儲けの手段
信用創造の中心国の中央銀行と。その外交官が 支配する国際的通貨機関
のみが。他の衛星国の資産や輸出品を買い取る第一次世界大戦が終わってから
は。歳入は減り続け。昭和年の 金融恐慌に至る。ベトナム戦争もまたしかり

原発輸出。政府は。日本の重工企業による海外への原発輸出を重視し。民主党政権時代から
さまざまな支援策を講じてきた。ベトナムでは。日本企業の受注が決まり。
三菱重工業や日立製作所が受注を狙っていたが。昨年11月。東京電力福島第1
原発事故を日立が優先交渉権を獲得したリトアニアでは。政権交代で反原発を
掲げる政党が第1党となったことなどから「凍結状態」同社に。英での原発建設計画凍結「将来にリスクを持ち越さない」日立社長。日立製作所はイギリスで進められている原子力発電所の建設計画への参加を凍結
し。これに伴って。今年度凍結の理由について日立は。安全対策などでコスト
が膨らむ見通しになるなか。イギリス政府などとの調整にはさらに時間がたい
国もあり。イギリスだけでなく。リトアニアやトルコ。それにベトナムで日本
企業が原発の建設を計画し。輸出に向けた準備を進めていました。

主張原発輸出の頓挫。日立製作所が英国での原子力発電所の建設計画を凍結した。これにより日本が
進めてきた原発輸出案件はすべて頓挫する。わが国における原発技術の維持や
専門人材の育成にとり…このため。政府は海外輸出を通じて原発技術の継承
などを目指してきたが。その目算が大きく狂うことになる。 こうした日本
による原発輸出は。ベトナムやリトアニア。米国で相次ぎ計画が頓挫した。福島第一原発事故後の原発輸出支援策。原子力発電に対する世界的な評価の高まりに応じて。我が国は原子力発電所の
輸出以下「原産業の技術?人材の必要性 おわりに 総合調査「技術と
文化による日本の再生」 福島第一原発事故後の原発輸出支援策イスラエル。
カザフスタン。リトアニア。ヨルダン各1基である。年2月。
ベトナム?ニントゥアン省の原子力発電所建設プロジェクト第1期工事
の技術的問題。安全審査の長期化などにより。運転開始が当初予定の年から
年まで先

終わりですね。日本国内で幾ら無駄な再稼働をしようとも、国際社会が輸出を許さない方向に傾いており、トルコへの安部首相が売込みに行ったのも無駄に成り、ベトナムやリトアニアでも凍結等々、止めた話ばかりであります。原発に未来など有る筈はなく、衰退似非科学であると思います。それでも、なお止まない原発推進派の書込みはバカ丸出しのばかりであり、自ら原発には未来が無い事を重々承知の上での工作活動と思えてならないと思います。輸出したいならお台場にまずは建設して「安全性アピール」が絶対に必要です。既にフクシマ事故やらかして、海外にも迷惑かけたのですから輸出するなら「絶対に安全」を身をもって表しませんと、旨く行きませんよ。東芝も三菱も米国で大失敗して、東芝は会社が傾きましたもん。今こそ、お台場に原発建てるべきなのです。リトアニアは国民投票で保留になったのですが隣国ベラルーシで決定、自国で嫌だと言っても無意味な状態になって困っていますよ。何故なら原発予定地だった所より自国内ではベラルーシの原発の方が近いくらいだからです。エネルギーはロシアに頼らざるを得ないけど原発はロシア以外にしようとして躓いたのです。トルコもロシアの原発4基建設着工で4年で作ると言っています。ベトナムもロシアの原発は建設されます。ベトナムは日本を選ばなかったのは価格の問題です。原発に未来があるかの様に言っている人は地球温暖化、エネルギー問題の観点から言っているだけであって、それ以外の選択肢がないと言う事を考えた上なのです。原発に反対している人はそう言う観点から述べる人は殆どいませんね。ただ危険だと言うだけです。そう言う人にはリスク選択論について議論なんかしようとしても負けるのは分っているのか無視しますよ。中には地球温暖化を否定するものもいます。原発反対のNHKでも地球温暖化の事実は認めざるを得ないところまで来ています。反原発派は地球の人口がどのくらいあるかも知らずに再エネで間に合うだとか、これ以上エネルギー需要を増やす必要はないだとか言っていますが既に温暖化のために日本でも毎年災害が起きていますが世界では大洪水、熱波、干ばつなど地球温暖化による異常気象で被災者は増えています。原発のない未来で2050年のエネルギー需要はどうなっているか、地球温暖化はどこまで進んでいるのか考えた事がない様な人は原発反対が多いようですオワリどす。最初からわかっておるんよ。だが玉砕特攻で散るのが連中の美学ぢゃからの。エゲレスの日立もだめそうぢゃし。日本の原発メーカー御三毛そろって巨額の賠償訴訟を抱え込んでおるし。こうなったら本土決戦竹やり特攻ぢゃー、ってんでますます危険だぞい。原油価格が低迷すると原発を作る理由がなくなってしまうからね。良かったと思っています。東芝に続いて三菱重工が破綻すれば日本経済への悪影響は東芝以上です。 いくら、安倍晋三の頼みでも『三菱重工を潰す』ことは出来ないでしょう。 トルコもイギリスも『輸出』と言いながら、お金は『相手国』が出すのではないのです。日本国と日本企業が建設費を出し、できた電気を相手国に売って建設費を回収するという方式です。 火力発電の方が電気代が安いのですから、回収は不可能です。それが企業と日本の負債となります。 『原発』は終焉を迎えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です